業界ニュース

亜鉛メッキ鋼の性能に影響を与える要素

2021-12-16
(1)カーボン(亜鉛めっき鋼):炭素含有量が高いほど、鋼の硬度は高くなりますが、塑性と靭性は低下します。

(2)(亜鉛めっき鋼)硫黄は鋼の有害な不純物です。硫黄含有量の高い鋼は、通常、熱脆化と呼ばれる高温での圧力処理中に脆化しやすくなります。

(3)リン(亜鉛めっき鋼):特に低温で、鋼の可塑性と靭性を大幅に低下させる可能性があります。この現象は冷間脆性と呼ばれます。高品質の鋼では、硫黄とリンを厳密に管理する必要があります。一方、低炭素鋼は硫黄分やリン分が多く含まれているため、切断しやすく、鋼の被削性を向上させるのに役立ちます。

(4)マンガン(亜鉛めっき鋼):鋼の強度を向上させ、硫黄の悪影響を弱めて排除し、鋼の焼入れ性を向上させることができます。マンガン含有量の高い高合金鋼(高マンガン鋼)は、耐摩耗性などの物性に優れています。

(5)シリコン(亜鉛めっき鋼);鋼の硬度は向上しますが、塑性と靭性は低下します。電磁鋼には一定量のシリコンが含まれているため、軟磁性を向上させることができます

(6)タングステン;鋼の赤硬度と熱強度を向上させ、鋼の耐摩耗性を向上させることができます

(7)クロム;鋼の焼入れ性と耐摩耗性を向上させることができ、鋼の耐食性と耐酸化性を向上させることができます